ダイヤモンドの歴史(1)

残された文献から推測すると、ダイヤモンドが最初に発見されたのは、インドだったそうで、紀元前のことだったようです。

ダイヤモンド買取を利用する

ダイヤモンドの歴史(1)

ダイヤモンドといえば、とても高価で美しい輝きをもつ、特別な宝石ですよね。

この世に存在するすべての石の中でも、最強の硬度を誇るダイヤモンド。

たたいても絶対に割れることはない石という性質から、ダイヤモンドは永遠の愛を誓う人へ贈る、婚約指輪の石として選ばれ、不動の人気を誇っています。

今では、ダイヤモンドというと、高値の花で、人気があり、特別な宝石というイメージがありますが、ダイヤモンドの歴史をひもといてみると、ダイヤモンドの人気が高まったのは、そう遠くない時代からだということが分かります。

ダイヤモンドは、人類がまだ存在していなかったはるか昔、約40億年以上も前から、地球上に存在していたといわれています。

残された文献から推測すると、ダイヤモンドが最初に発見されたのは、インドだったそうで、紀元前のことだったようです。

どんなにたたいてもこわれることのない石として、文献に登場しています。

その後、18世紀ごろまでは、ダイヤモンドはインド石と呼ばれており、インドでしか見つかっていませんでした。

今でこそ価値が高く、人気の高いダイヤモンドですが、その頃はダイヤモンドを光輝かせるカットの技術が乏しく、ダイヤモンドの魅力を引き出せていませんでした。

ダイヤ買取サービス