買い取られたダイヤはどこへいく

買い取られたダイヤモンド、その後はどうなるのか気になりませんか?調べてみると、さまざまな行き先があるようです。

ダイヤモンド買取を利用する

買い取られたダイヤはどこへいく

突然ですが、あなたはダイヤモンドの入った持ち物を所有していらっしゃいますか?お持ちの方の場合、一番多いのは、結婚した時に、旦那さまから贈られた婚約指輪なのではないでしょうか。

ダイヤモンドは、この世の石の中で最も硬く、壊れにくいことから、永遠の愛を誓う指輪として、定番の宝石となりました。

ダイヤモンドを支えるプラチナの立て爪に入った婚約指輪、もらった時はうれしくて、大切にしまっておく方が多いようです。

しかし、ジュエリーにも流行があります。

最近では、婚約指輪の代名詞でもあった、立て爪のダイヤモンド指輪はなりをひそめ、普段使いできる小さなパフェダイヤがちりばめられたファッションリングと、結婚指輪を組み合わせて使うといった、重ねづけのできる婚約指輪が支持されているようです。

思い出の品物だけど、思い切って買い取りに出してみたら、新しい指輪が買えるくらいの価格になったという方もいらっしゃるようです。

買い取られたダイヤモンド、その後はどうなるのか気になりませんか?調べてみると、さまざまな行き先があるようです。

一つ目が、買い取られたダイヤモンドは、全国の市場でセリにかけられて、日本国内や海外へ流通してゆくパターンです。

特に大きいダイヤモンドは、海外へ輸出されることが多く、インドや中国の富裕層のもとへ流れるようです。

二つ目は、買い取り業者がオークションや、店舗で再度販売するというパターンです。

最後に、買い取り業者から、ダイヤモンド卸業者へ買い取られ、金属部分は溶かして別の商品として生まれ変わり、ダイヤモンドは新品の商品として、流通するパターンです。